ブログ

教育をかたる宝塚のつどい

お天気が良いのに、朝から外出(布団干したいな~、大物の洗濯いっぱいしたいなあ~)、

生活相談とお昼からは、「教育をかたる宝塚のつどい」に参加しました。1部では宝塚市教育委員会

がかたる教育の重点政策に学校教育室長、教育支援室長が市の取り組みなどについて報告を。

2部では、教育の現場・・・西高等学校の先生から、複数志願5年目・学区拡大によって宝塚学区

で何が起きるか。来年度から始まる高校入試制度・・16学区から5学区への学区拡大について

は、統廃合が狙いで、地域から学校がなくなる、親の負担も大きくなってくる等々・・

どの学校も、生徒たちも頑張っている。*入試結果だけで学校の価値は決まらない。*地域に根

ざした、どの子も伸びる学校づくり・・・15の春を泣かせないためにも引き続きがんばらなくては・・・

小学校の現状からは、西山小学校の先生から報告がありました。40人学級であれば教室が狭い、

聞こえない、見にくいなど問題点が出されました。早期35人学級を・・トイレの改善や市内での

学校整備の格差がある。支援ボランティアのかたの待遇改善をなど実態報告がありました。

どの子も快適な学校生活を送るためにトイレや整備の改善の取り組みをするため早期調査が必要