ブログ

医療・営業と暮らし、学業を守ろう・・

新型コロナウイルス感染症対策

医療・営業と暮らし・学業を守ろう!

日本共産党は、国会で新型コロナウイルス感染症の危機の中で打撃を受けている学生、病院、中小自営業者やフリーランスの実態を示し、学業や経営、暮らしを継続できる補償をと求めています。
 党県議団、市議団も力をあわせて自治体独自でも最大限の努力をすべきと繰り返し求めてきました。実現した施策についてお知らせします。

★市立病院の発熱外来の充実【市独自】    (市事業費2500万円)

 感染が疑われる患者が受診する帰国者接触者外来は県内に46ヶ所あり、宝塚市では市立病院が担っています。また、市立病院の発熱外来は市医師会からの応援を得て、これまで診療時間が午前中だけであったものが13~15時も診療を行います。

感染者の受け入れは?
 県内の感染者受け入れ可能病床は509床(感染症指定病院9、一般病院30の計39病院)あります。宝塚市は市立病院で救急医療病棟をコロナ入院患者専用に変更し、2床から6床に拡大する予定です。軽症者の療養宿泊施設は、神戸、姫路、西宮に578室が確保されており、阪神間では阪神甲子園のホテルヒューイットに200室が確保されています。(4月30日現在)

★1人一律10万円の特別定額給付金【国】

 4月27日現在の住所地(住民票のある市区町村)から支給されます。給付金を受け取るには市への申請が必要です。市から世帯主に申請書が郵送されます。申請書には給付対象者が記されており、振込先を記入し確認書類の写しを添付して市に郵送します。宝塚市では5月下旬に市から申請書が発送される予定です。(マイナンバーカードを使ったオンライン申請は5月1日~)
※DV等で非難し、住所地にいない人は現在住んでいる市区町村での申請によって受け取ることができます。
⇒問い合わせ 特別定額給付金プロジェクトチーム 61-7277

★児童手当に1人1万円上乗せ(子育て世帯臨時特別給付金)【国】

★水道料の基本料金の免除【市独自】    (市事業費5億5000万円)

 上下水道料の8月検針分から4か月間の基本料金を免除します。例えば、平均的な家庭の使用水量(口径20㎜・水道使用量40㎡、2か月あたり)であれば、約8,900円が約5,600円に減額されます。手続き等は不要です。

★兵庫県立大学授業料の減免【県独自】

 国の大学生の学費減免対象にならない学生に対し県が独自に減免します。年収約400万円まで全額免除、約500万円まで半額免除になります。

★高校授業料の減免【県独自】

 新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯の生徒に対し、公立高等学校授業料を減免します。私立学校の生徒に対し、授業料軽減補助をします。(それぞれの学校に、お問い合わせください)

ご連絡下さいね。心をひとつに・・頑張りましょう!!

IMG_4252

我が家の花・・・