月別アーカイブ:2020年6月

いじめ問題・・・

いじめ問題再調査報告です。

宝塚市で2016年12月、市立中学2年の女子生徒が飛び降り自殺した問題で、市の再調査委員会は、22日、部活動や学級で複数の生徒から無視するなど計25件のいじめ行為があったとする報告書を発表しました。

この問題を巡っては、当初に調査を担当した第三者委員会が2018年10月に最終報告書をまとめ、4件のいじめを認めていましたが「いじめ被害と心理的影響の考察がなされていない」などとして、遺族側から事実誤認などを指摘がありました。これを受けて再調査委員は中川市長の諮問を受け、昨年7月、大学教授や弁護士ら5人で発足しました。女子生徒の同級生や教職員計46人に聞き取りなどを実施されました。再調査報告書では、女子生徒は2016年9月頃から、クラスや所属する部活動で複数の生徒から無視や仲間外れ「うざい」「ストーカー」など陰口を言われたり、ボールを集中的にぶつけられたり、部活のパス練習の相手をしなかったり、パーティーに呼ばれなかったり、LINE(ライン)で同級生らに「何が悪かったか教えて、みんなと仲良くしたいからお願い」と送るとブロックしたり、12月7日には、・女子生徒は、教師にSOSを送っていましたが対応されませんでした。・女子生徒が部員1人に渡した手紙を他の部員の前で読まれ丸めて捨て笑われた。翌日女子生徒は自ら命を絶ちました。

部活動では2015年から別の部委員に対するいじめがあって、既に4人は退部していたにも関わらず、顧問がきちんと対応していなかったことも判明。

 6月29日、自殺との強い関連を認めた調査報告を市議会の議員総会で報告がありました。議員からは、「いじめやキャッチするセンサーが働らかなった理由は、また、その背景には教職員の多忙化があるのでは」「最初に出された報告書では議員は知らないが、再報告書では、何度も救える場面があったが命が救えなかった。なぜきちんと学校や教育委員会は対応出来なかったのか」「教育委員会を抜本的に改革する必要がある」「全教職員が熟読しアンケートを行って教職の思いをしっかり受け止めて改革に取り組んで行ってほしい」等々出されました。             市は、今後の対策として7月6日に市長が招集する総合教育会議を開催し、教育改革の提言する検証委員を専門家3人に委託していく。教育委員会は、学校園の教職員に再調査報告書を配布し、熟読することを求めて、校長や教頭、生徒指導担当の教師を対象に研修会を行う。と報告がありました。

最後に、「宝塚市いじめ再調査委員会委員一同」のみなさんから、特に教職員、教育委員会のみなさんのお伝えしたいことは、学校が生徒たちから様々なSOSのサインをきちんと受け止めて、本来の役割を果たして取り組みを行っていれば当該生徒のいのちは救えたということです。「陰口、悪口、仲間外れ」といったいじめは、暴力、恐喝などとは異なり、多くの教職員から見れば、よくあるトラブルと映っていた面がありました。しかし、そうしたいじめが、日々繰り返され、拡大していくなかで、1 人対集団という「いじめの構造」が急速につくられ、当該生徒が学校生活で居場所を失い、追い詰められていったのです。こうした捉え方ができずに、1 年時の他の生徒へのいじめや当該生徒へのいじめなども含めて、学校、教育委員会が適切な指導、支援の機会を逃し、放置してしまった責任は大きいと言わざるを得ません。また、この重大事態が起こって以降、SNS などにおいて、個人や当該部活への中傷、攻撃、憶測などを含めた発信が少なからず行われてきました。今後もこの点に関して十分留意をして、対応を検討していただきますようお願いいたします。そして、一生懸命に生きていた当該生徒のことを忘れないでください。

 今日で、2020年半年が過ぎました。早いものですね・・・コロナ対応、対策で大変でした。第2波を起こさないためにも3密を守り手洗い、マスク着用し乗り切って行きましょう・・・

IMG_4693

武庫川です。

 

いじめ問題再調査報告・・・

議員総会、「宝塚市いじめ問題再調査委員会調査報告書について」・・・議場で当局からの説明を受け各議員から質疑を行いました。

宝塚市で2016年12月、市立中学2年の女子生徒が飛び降り自殺をした問題で、市が設置した再調査委員会は、22日同年9月ごろから部活動やクラスで無視や陰口など25件のいじめがあったとする報告書を公表しました。委員会では「いじめと自死には極めて強い関連がある」と認定・・・(詳細は市政通信で)

報告書読んで・・心が苦しく、重たい、怒りが込みあがって来ました。何度もSOSを出していた当該生徒を救える場面があったのでは、残念にに思っています・・・二度とこのようなことを繰り返さないために全力で取り組んで行く!早期発見、早期対応・・子どもたちとしっかりと向き合っていくことが大切ではないでしょうか・・・

IMG_4691

綺麗な花・・・名前はわかりません・・・

 

赤旗日刊紙・・・

 

コロナ時代の学校

少人数学級を子どもに贈ろう

 学校の全国的再開から1カ月近くがたちました。新型コロナウイルスと長期に共存する時代、いわゆる「ウィズコロナ」のもとで、学校の改革が多くの点で求められています。なかでも、少人数学級の実現は焦眉の課題です。

教育への効果はてきめん

 子どもたちは学校再開を喜んでいますが、「毎日の宿題が終わらない」「前を向いて無言の給食はいや」などの悩みも少なくありません。周りの子どもと関係がつくれず、教員のそばを離れない子どももいます。専門家は「おとなだとストレスを減らす行動がとれる。子どもは気持ちをのみ込んで我慢してしまう」と指摘します。

 それだけに、子ども一人ひとりの学びを支え心のケアを行う、手厚く、柔軟な教育がどうしても必要です。逆に、学習の遅ればかり気にして授業を機械的に詰め込めば、子どもに新たなストレスを課し、学習も身につかないという深刻な結果となりかねません。

 学校再開直後の「分散登校」では、各地の学校で一時的に十数人の授業となりました。「子ども一人ひとりの表情がよくわかる、コミュニケーションもとれる」「一人ひとりの勉強のつまずきを丁寧にみられる」など効果はてきめんです。少人数学級が手厚い教育、柔軟な教育にいかに有効かが、全国の経験となりました。

 感染拡大防止の点でも、現在の「40人学級」は無理があります。子どもは、直接触れ合って育つだけに身体的距離のしゃくし定規な強要はできません。しかし、一番長く座っている授業の席は身体的距離の保障をめざすのがおとなの責任です。また、教職員は、消毒などの新たな作業に追われ、疲れ果てています。

 どこから見ても、教職員増と少人数学級の実現は待ったなしです。日本共産党は2日、学校再開にあたっての提言を発表し、10万人の教員増とそれを活用して子どもに少人数学級をプレゼントしようと呼びかけました。提案には多くの賛同が寄せられ、提言を学校に届けると、どこでも教職員増と少人数学級への期待が語られます。

 国会では、志位和夫委員長が政府に少人数学級のとりくみを提案し、安倍晋三首相は「コロナ後を見据えて検討していきたい」と応じました(10日の衆院予算委員会)。

 世論も広がっています。全国連合小学校長会会長は「ウィズコロナ時代では20~30人が適当では」(「日経」22日付)と述べました。中央教育審議会の部会でも複数の委員が少人数学級に言及しました。

 国の制度は小1~2は「35人学級」で、あとは高校まで全て「40人学級」です。欧米は20~30人学級で、日本の遅れは明らかです。

草の根から国民的運動を

 10万人教員増にかかる予算は数千億円です。これは、第2次補正予算に盛り込まれた予備費10兆円の数%にすぎません。この措置を来年度以降恒常化しても、先進国で最低の日本の教育予算の水準(教育公財政支出の対GDP比)は2・9%から3・0%強となるだけで、経済協力開発機構(OECD)加盟国平均の4・0%にまだまだ及びません。

 学校再開後の子どもと教育を語り合う。署名などを広げる。地方自治体から声をあげる―。草の根から少人数学級実現の国民的な運動を大きく広げましょう。

6月28日の赤旗日刊紙主張より

今日は、姉さんの1回忌です。あっという間の1年が過ぎました。姉さんと最後に行ったレストランで昼食・・・

IMG_4682

 

相談会・・・

今日は、たぶち事務所でねりき恵子県議とともに生活相談会・・主に国民健康保険税の減免相談です。

蒸し暑い中、お疲れさまでした。

IMG_4677

IMG_4680

IMG_4675

中山で・・・綺麗ですねぇ~

 

最終本会議・・・

最終本会議です。今回の6粥議会は、コロナの対策を重視し、一般質問の短縮や議場での委員会開催や最小限での対応等々初めての取り組むをした議会でした。コロナ対策を含めた補正予算多くありました。

全ての議案は全会一致で可決しましたが、「幼保無償化から除外された外国人学校幼稚園に救済措置を求める請願」が賛成多数で採択されました。

9月議会では、早くコロナが収束していることを祈るばかりです。

IMG_4674

IMG_4669

我が家の紫陽花・・綺麗でしょう

明日の準備・・・

今日は、議会運営委員会が開かれました。明日の最終本会議の打ち合わせ・・・

明日の流れは、各常任委員会の委員長報告、一般会計補正予算の説明を受け総務常任委員会へ付託され、すぐに総務常任委員会で審査。

次に、宝塚市総合計画に関する調査特別委員会が開かれ当局からの説明を受けます。

議会を再開し、総務常任委員会の委員長報告、その他議案の説明・・・質疑、討論、採決・・・閉会となります。長い一日となりそうです。

 IMG_4661

 

酷いです!!

IMG_4665

IMG_4666

この4月まで西谷サービスセンターでした。来月には、市民の憩いの場として・・・図書も整備されます。楽しみですね。

 

Page 1 of 512345