ブログ

危険な溝蓋の改善を

今朝は、阪急雲雀丘花屋敷駅にて、地域の方とねりき県議で朝の宣伝を行いました。

IMG_1695

IMG_1693

IMG_1691

駅前の溝蓋(ゲレーチング)ですが、ガタガタで踏めばガチャン~、わきの道路もガタガタです。以前から気になっていました。雨が降れば、滑り、段差もあるのでとても危険だと感じました。またこの道路は通学路のもなっています。明日にでも改善を求めようと思っています。

我が家の花の紹介

今日は、朝から雨・・掃除を済ませて地域の方と行動です。

IMG_1681

ブラシの木です。ブラシのような花が咲いています。

IMG_1688

我が家の、栗の木の花です。白く咲いて・・秋になれば美味しい栗が食べられます。

IMG_1684

1か月前に田植えをした・・・もうこんなになっています。秋には美味しいお米が食べられます。

手前の棒は電柵。田んぼの周りには猪や鹿など動物避けに電柵をしています。

IMG_1686

南天の花です。冬になれば赤い実がなります。

 

まだまだ・・・近いうちに紹介しま~す。お楽しみにね。

移動は安全運転を!

これが、合併処理浄化槽です。5人槽(6月18日の一般質問の中で)公共下水道は西谷地域では

設置しないとのことです。維持管理は、現在それぞれ各家庭がしなくれはならない。

我が家では、2年前には25万円かかりました。(8人槽)

IMG_1666

 

冷蔵庫は、空っぽ・・・何も食べるものがない!

今日は、朝から忙しい・・・けど7時過ぎに猪名川イオンに行き食料の仕入れ

西谷ふれあい夢プラザへ、みやざきひろ氏のパステル画展へ・・・毎月西谷地区まちづくり協議会

文化・研修部会が展示ギャラリーされています。観賞を楽しみにしています。これまでも凄い作品が

いっぱい!

IMG_1670

その後は、社会福祉法人「希望の家」後援会総会へねりき県議と参加しました。

希望の家は、創設者万代房子先生が安倉の地で10名の障害を持った人たちと共同生活を

スタートしてから53年が経過。万代先生がお亡くなりなってからも、希望の家の理念、創設者の

精神(萬代イズム) を受け継いで、後援会員、施設の理事と職員、施設の利用者の三位一体と

なって、家庭的な雰囲気を保ちつつ、「希望の家」の事業を支援する。

IMG_1667

IMG_1672

IMG_1676

挨拶するねりき県議です。

総会後は、恒例のカレーを頂き、すぐにソリオホールへ・・・

1時30分までに行けるかな~安全運転で・・・!!

2014年度、宝塚医療生活協同組合 第46回通常総代会へ出席。

医療福祉生協の理念

「健康をつくる。平和をつくる。いのち輝く社会をつくる。」

IMG_1679

 

日曜版を配布しながら帰宅・・・

忙しいかったよ・・早い目のお風呂に入って、明日に体を休息します。

4日間の一般質問終わりました。

今朝は、阪急山本駅北側で朝の宣伝、をねりき県議と地域後援会の方と宣伝を行いました。

7時台だったけど日差しがきつかった。集団的自衛権の宣伝を行いました。時々挨拶をして

くださる方もおられ・・やっぱり知らない人でもあいさつは、気持ちいいですね~

4日間の一般質問やっと終わりました。26人議員中22名が一般質問しました。凄い議会だと

思います。

議会終了後、今日は農業委員会があったので急いで会議会場へ・・ギリギリ最後に間に合いました。

委員会終了後は、今期農業委員さんとは最後(7月15日なありますが)となりますので最後の

懇親会に参加しました。3年間やっと慣れたと思いきやお別れです。また町の中で出会う日を楽しみ

しています。・・・

一般質問しました。ホッ!

 

2014年6月議会質問

日本共産党のたぶち静子です。発言通告に従いまして6月議会の一般質問を行います。

よろしくお願いします。

最初に、産後ケアについてお伺いします。

最近は通常、出産後5日目には退院するとのこと です。女性の体は出産でホルモンのバランスが大きく変わり、特に初産の場合、心身ともに緊張し精神のバランスを崩すことも少なくないと言われています。
そのことから出産後、特に体が回復するまではサポート体制が必要ですが高齢出産の場合は親も高齢になっている場合が多く、逆に若年出産の場合は親も働いていることが多く、なかなかサポート体制が取れない実態があります。

  最近は、高齢出産も多く、育児を一生懸命やるけれども、体力的に参ってしまうことがあり、なかには1~2ヶ月でうつ状態になる方もいると聞きます。その場合、母親を赤ちゃんと一緒に休ませる必要がありますが、お金が宿泊だけでもかかるので、負担が出来ず断念せざるを得ないといいます。

  一方、若年出産の場合は、育児がよくわからないと言う母親に対し、育児を丁寧に教えサポートする必要があるケースも増えていると言うことです。

  政府は先月決定した「少子化危機突破のための緊急対策」で、産後ケアセンターの整備の方針を打ち出した。厚生労働省は「2014年度に全国の自治体でモデル事業を行いたい」としています。

産院を退院した女性が再び入院し、休養したり授乳指導を受けたりできる「産後ケアセンター」の整備が、政府の少子化緊急対策に盛り込まれました。産後の手伝いを実家に頼れないケースが増える中、体調や育児に不安を抱える女性たちが頼れる場所として期待されます。

東京都世田谷区では、産後4ヶ月未満の母子を対象に、母体ケア、乳児ケア、育児相談、育児指導を行なう産後ケアセンターがあります。病院と自宅の中間的施設と思いますが、宝塚市にもこうした施設機能が必要だと思います。

本市の見解を求めます。

1点目は、本市での産後ケアの取り組みについて

2点目は、産後ケアセンターについて・・答弁をお願いします。

 次に、宝塚市の宅地開発についてお伺いいたします。

都市計画法が昭和43年に改定され、まちづくりに大きく焦点をあてた新制の制度がスタートし、宝塚市域が市街化区域、市街化調整区域に2区分されたのはご存知の通りであります。

本市の市街化区域内には農地や植木の苗圃である生産緑地がきわめて多く混在し、市街地が形成された歴史的経緯にも影響を受け、道路網が未整備なままの市街地が形成されてきました。

宝塚市の市街地は、阪神・淡路大震災によりその脆弱性を露呈いたしました。

即ち、規格の乏しい多くの道路による激しい交通渋滞、またそのような道路にとりついて無秩序に次々とつながったスプロール市街地の安全性・防災性の欠如などであります。

その後、本市の背骨である176号線バイパスの整備推進やJR中山寺駅周辺などに見られる区画整理事業による宅地整備など大震災の教訓を踏まえ一定の努力はされております。

しかしながら、近年宝塚の産業のひとつとも言える造園業の経営難に起因して市街化区域内に数多く存在する生産緑地は、特に山本地域は「木接太夫」に代表されるように植木の里でありますが、宅地開発に次々と転換され、それも本市の宅地行政の信じがたい指導方針により、あれほど懸念された防災性及び市民生活にとっての安全性が欠如した脆弱な住宅市街地が再生産されていることを指摘しておきたいと思います。

 そこで、お伺いいたします。

1点目は、宝塚市での開発基準について

2点目は、開発による生活道路について

3点目は、開発後の安全対策について・・答弁を求めます。

次に、西谷地域の生活環境整備について・・お伺いします。

1点目は、合併処理浄化槽についてです。

私は、これまで何度も合併処理浄化槽の修理、維持管理に係る助成について、公共下水利用者との格差や他市の取り組みなどの例も挙げながら、何とか助成制度の実施に向けて取り組んで欲しいと何度も訴え要望してきました。当局は、「十分認識している、国に対して助成制度を要望することを含め、引き続き研究、検討していく」と答弁されてきましたが、一向に前進したようには見えてこないのですが、どのように検討されてきたのか答弁を求めます。

2点目は、公共交通についてお伺いします。

西谷地区は、今年3月31日現在で65歳以上の方が1000人を超え、人口の36%を占めています。このように高齢化が進んでいく中で、ますます外出するのが厳しい状況です。阪急田園バス停まで4キロ以上ある集落をはじめ移動すら困難な住民も少なくありません。このような状況の中2012年度から住民によるボランテァで無償運行をされていますが、需要が多く利用者に十分対応できず、自主運行の限界を感じておられます。高齢者や障害者の方をはじめ地域住民のくらしを守る、公共交通について見解を求めます。

 3点目は、空き家対策についてです。

少子・高齢化が進み、人口は2700人と毎年減少しています。そういった中で「西谷地域に空き家があれば住みたい」など地区外の若い世代の方をはじめ、西谷サービスセンターに問い合わせが年間5~6件あることなども聞いています。また、空き家の増加は、地域コミュニティの希薄化や地域活力の低下を招き、周辺の生活環境や安全性の悪化にもつながります。地元からは、空き家の把握と所有者の売却や借家の可否を把握し、市のホームページなどで情報提供を行って欲しい等の、声が寄せられています。集落の空き家対策について本市の見解を求めます。

また、西谷教職員住宅の、今後の空き室活用についても答弁を求めます。

4点目は、防災情報伝達事業についてです。

 本年度宝塚市は「防災情報伝達事業」が予算化されました。サイレンや野外拡声器においては、西谷地域では、山あいの複雑な地形や住宅の立地状況からみても困難であると考えられます。そこで、地デジ対策で西谷地域全域に導入していただいた、光ケーブル回線の活用も含め、西谷有線放送協会とタイアップした情報伝達方法の整備などを求めますが、答弁をお願いします。

 

5点目は、道路整備についてです。

西谷地域の主要幹線道路は、通学道路にもなっていますが、決っして安全な環境ではありません。勿論地域住民も、常に危険と向き合って生活しているのが現状です。また、新名神高速の切畑トンネル掘削土を宝塚SA予定地に運ぶNEXCOの大型車の運行が、いよいよ今月16日から始まっています。県道切畑猪名川線~切畑交差点~出会い橋方面をまず1日100往復し、随時400往復となって行くと聞いています。益々道路事情が悪くなっていきます。地域住人の安全安心な生活を守っていくために・・

 ア、   通学路の安全対策について答弁を求めます。

イ、   市道1508号線(農免道路)の拡幅整備について答弁を求めます。

ウ、   市道3954号線、市道1509号線(切畑交差点から前田橋)の拡幅についてですが、2012年6月議会の中で「切畑交差点改良区間北側から桃堂池までの間1500メートルについては、道路改良計画策定に向けた測量等調査を進めたい」と答弁されていますが、現状はどうなっているのか、答弁を求めます。

以上で1回目の質問は終わります。

 IMG_1650

IMG_1657

一般質問を行いました。1質問は上記の通りです。やっぱり時間の計算間違いで足らなかった

75分間、次は、もう少し長い時間を申請しょうかなあ・・・

 

ホッとしたところで、夜は打ちっぱなしに行きました。いつも先生に同じことを注意されています。

難しいなあ~気持ちいい汗をかきました。

今日から、一般質問始まる

今日から一般質問が4日間かけて一般質問が始まりました。

富川議員、浜崎議員、北野議員、田中議員、大川議員、それぞれ問題点を指摘しながら提案

など・・・盛りだくさんの質問内容でした。

明日は、私・・10時30分から75分間します。念入りに原稿チェックし、準備しています。始めて

取り組む宅地開発については・・・不安ですが、頑張るね!!私はいつも時間調整が悪いので

明日は、注意しょう

 

Page 199 of 204« First...102030...197198199200201...Last »