新着情報
2018年10月15日 ブログ
渋柿・・・
2018年10月14日 アンケート
北野のり子支援へ・・・
2018年10月13日 ブログ
決算資料・・・
2018年10月12日 ブログ
金田峰生と共に・・・
2018年10月11日 ブログ
5人目・・・

大阪市を守った!

昨夜は、ハラハラドキドキしながらテレビを見ていました。「大阪都構想」の住民投票の開票を、僅差であったが「反対!」勝った・良かった!!

今度は、沖縄県新基地反対!「戦争立法」反対、運動を広めて頑張ろう!!

我が家も田植えが終わりました。お父さん!お疲れさまでした。秋には美味しい新米が・・・楽しみ(^^♪

IMG_2176

日に日に苗から稲へ・・集中豪雨や台風が気になりますが・・・

総会

第24回西谷商工振興会の総会がありました。

次回からは、「農」を入れて西谷農商工振興会・・・で発展させていきたいと、会長からのあいさつがありました。

IMG_2170

IMG_2173

西谷地域の活性化へこれからも地元のみなさんとご一緒に取り組んで行きす。

我が家も・・田植え

我が家も・・田植え

IMG_2147

IMG_2146

IMG_2148

 

一昔は、家族全員で田んぼに出て、手植えで行っていました。私は、苗運びや苗をほり投げる役目でした。時々手が足りないときは、手植えを手伝っていましたね~。蛇に出合うとすぐ逃げていました~~~

主張

安倍首相記者会見

「戦争法案」と言わず何と言う

 安倍晋三首相が「平和安全法制」と呼ぶ法案の閣議決定後の記者会見で、「戦争法案」との急所を突いた批判に対し「アメリカの戦争に巻き込まれることは絶対にあり得ない」「戦争法案などといった無責任なレッテル貼りは全くの誤り」と躍起になって反論しました。しかし、いくら「平和」の言葉で粉飾しようが、今回の法案は、アメリカが世界で行う戦争に際し、いつでも、どこでも、どんな戦争でも、自衛隊が支援・参加する「戦争法案」というのがその正体です。法案の危険な本質をごまかし、国民をだまして成立に突き進むことは絶対に許されません。

殺し殺される危険さらに

 首相は会見で、今回の法案で「集団的自衛権を行使できることとした」と明言しました。集団的自衛権とは、日本がどこからも攻撃を受けていないのに、米国など「日本と密接な関係にある他国」を守るために武力を行使することです。首相はこれまでの国会論戦で、米国が国際法違反の先制攻撃の戦争に乗り出し、相手側から反撃を受けた場合でも、集団的自衛権の発動を否定していません。これでどうして「米国の戦争に巻き込まれない」と言えるのか、全く説明はありません。

 首相は、集団的自衛権の発動について「私たち(日本国民)の命や平和な暮らしが明白な危険にさらされている」場合という「厳格な歯止め」を設けており、「極めて限定的」だと言い訳しました。しかし、「明白な危険」の基準自体があいまいな上、その判断をするのは時の政府です。集団的自衛権の発動は、「限定的」どころか事実上無制限です。

 しかも、首相は「米軍をはじめとする外国の軍隊を後方支援する」と述べました。戦争をしている米軍に、自衛隊が、弾薬や燃料の補給、武器や兵員の輸送など軍事支援を行うことにほかなりません。首相は「いずれの活動でも武力の行使は決して行わない」と弁明しましたが、これらの活動は戦時国際法上、相手側の攻撃目標になります。まさに武力行使と不可分一体の戦争行為そのものです。

 首相は「自衛隊が活動する際には隊員の安全を確保すべきことは当然」とし、危険が生じた場合の活動中止の仕組みを設けたと語りましたが、これもごまかしです。

 従来の海外派兵法は、自衛隊の活動を「非戦闘地域」に限っていました。そのため、法律上は自衛隊の活動場所で戦闘が起きることは想定されませんでした。しかし、今回の法案は、「非戦闘地域」の枠組みをなくし、自衛隊の活動場所で戦闘が行われる場合も想定しています。戦闘発生時の活動休止の規定はありますが、撤退するわけではなく、実際に攻撃されれば武器の使用もできます。自衛隊員が「殺し、殺される」危険は格段に高まります。

軍事協力を地球的規模に

 首相は、米国の戦争に巻き込まれないことを「新たな日米合意」の中にも書き込んだと述べました。しかし、先月末合意された新ガイドライン(日米防衛協力の指針)は、米軍と自衛隊の軍事協力を地球規模に拡大するものです。首相がごまかしを重ねてみても「戦争法案」の本質は変わりません。危険性を徹底して暴き、法案阻止の運動と世論をさらに発展させる必要があります。

「赤旗」記事より

 

大阪都に「反対」

大阪市廃止・解体・・「大阪都」に「反対!!」

大阪へ支援に行ってきました。ねりき恵子県議ととなき市議も・・・大正区へ

ハンドマイク宣伝を行いました。

「大阪市をバラバラにしません」と市長選挙で公約していた橋下市長が、大阪市を廃止し、5つに分割する「都」構想に突進。126年の歴史ある大阪市をなくし、市民が築いてきた財産も財源も「都」に吸い上げようとしています。区役所は窓口だけの「支所」になり、防災や地域振興は遠くの「特別区庁舎」の仕事となります。暮らしを守るために「反対」しましょう。自民党、公明党、共産党、民主党も「反対」に一致点で反対運動を進めています。

宣伝していると、市民の方から「頑張ってや」「投票してきたで」「橋下さんはアカンわ」等々・・・あっちこっちから手を振って声援がありました。

IMG_2134

IMG_2137

IMG_2145

元気いっぱい、歩きながら訴えてきました。

相談・・・

地域の日曜版配布・・・

生活相談続々・・・頑張りましょう。!

IMG_2122

やわらかくて、甘くて・・美味しいですよ・・ほうれん草

IMG_2125

田植えの準備OK・・(父がしました)

新体制・・決まる

臨時議会が開かれました。

議 長:石倉議員・・21票、無効5票

副議長:伊福議員・・15票、無効11票

監 査:大川議員・・11票、富川議員15票

議 運:田中議員(委員長)、大川議員(副委員長)

総務常任委員会:三宅議員(委員長)、大河内議員(副委員長)

文教生活常任委員会:藤岡議員(委員長)、浅谷議員(副委員長)

産業建設常任委員会:伊藤議員(委員長)、たぶち議員(副委員長)

今年度の新体制が決まりました。

なが~い一日でした。

 

Page 194 of 243« First...102030...192193194195196...200210220...Last »