新着情報
2019年9月22日 ブログ
準備・・・
2019年9月21日 ブログ
国際平和デー・・・
2019年9月20日 ブログ
ヒヤリング・・・
2019年9月19日 ブログ
猪名川町議選支援へ
2019年9月18日 ブログ
質問準備・・・

迷子?・・・

今朝の大池の温度は、

IMG_4511

4度でした。風が冷たく寒い朝でした。

山本南へ行くのにJR中山寺駅の駐車場に止め徒歩で・・・アレレレ・・・行けどいけど、中々目的地に辿れない・・・

めちゃくちゃ勘違い。。。随分歩きました。

IMG_4515

IMG_4520

IMG_4518

ちょっと危険な道・・・田んぼ・・・ヨーロッパ風・・・

改めて素敵な街を発見!!歩くのもいいなあ・・・と思った

追伸:「足が痛い」・・慣れない靴のせいかなア・・・

 

相談\(◎o◎)/!・・・

明日で確定申告はおわり・・・まだの方は、急いで・・・

但し還付申告は、少し過ぎてもいいですが・・・

今日は、生活相談で大忙しです・・・明日までに何とか終わりそうですが・・・

ギリギリはやめて・・・!\(◎o◎)/!

夜、陽菜ちゃんが・・・

DSCN5666

お買い物かごを背負って・・・あまりにもおかしいかったので撮ってしまいました(^^♪

「春」探しへ・・・

実和ちゃんと陽菜ちゃんで「春」を探しに・・・我が家の田んぼの土手やあぜ道へ

DSCN5610

DSCN5611

DSCN5618

つくしが見つかりませんでした。

保育園の散歩では、「つくし見つけたよ」と実和ちゃん言っていたのに・・・

バザー準備・・・

午前中は、地域の方と、「戦争法廃止!」2000万人署名の行動を行いました。

対話をし・・快く署名をいて頂きました。「私も体験してきた・・・戦争はあかん」などお聞きしました。

ねりき恵子県議の事務所で、「東日本大震災支援バザー」の準備へ・・・ご近所のあいさつ回りを行い、事務所に商品提供の連絡が入れば、いただきに回りました。沢山のご協力ありがとうございました。

DSCN5570

明日は、11時からです。ぜひお越しくださいね。(^.^)/~~~

DSCN5579

我が家のお雛様・・・(父が私の子ども(孫)買ってもらった)今では、実和ちゃん、陽菜ちゃんがへ・・・

早期復興・復旧を・・・!

今朝は、阪急山本駅にて、ねりき恵子県議と講演会の方とで宣伝を行いました。

DSCN5560

「戦争法廃止!」の訴えと「東日本大震災への復興」「原発ゼロへ・・・」

DSCN5564

DSCN5567

今日は、中学校の卒業式です。西谷中学校では18名の生徒が卒業です。

おめでとうございます。明日は、高校受験だそうです。頑張れ!!

また、今日は、東日本大震災から5年が経ちました。17万人の方が避難されています。そして2500人の方が行方不明です。原発の問題も解決していません。早期に復興・復旧に力を注ぐことを望みます。13日は、宝塚新婦人の方が復興バザーをねりき恵子県議の事務所で行われます。ぜひお越しくださいね。

館内放送があり、2時46分黙祷を大島議員と控室でしました。

主張

東日本大震災5年

被災者に寄り添った政治こそ

東日本大震災の発生からきょうで丸5年です。約1万6000人の命が奪われ、約2500人が行方不明となった大惨事から5年―。復興の歩みはまだまだ遅々としており、被災地の現状は深刻です。ストレスなどによる「震災関連死」は3400人を超え、原発事故で故郷を追われた人たちの帰還の見通しもたたないなど震災は現在も進行中ともいえる状況です。被災地の苦難を直視しない安倍晋三政権の姿勢にいら立ちの声があがります。国は、被災者の願いを正面から受け止め、寄り添った支援を、抜本的に強めるべきです。

「人災」は許されない

 5年前の午後2時46分、日本の観測史上最大のマグニチュード9の巨大地震が東北3県をはじめ東日本一帯を襲い、大津波が東北や関東の沿岸部をのみ込みました。激しい揺れと津波により東京電力福島第1原発は制御不能に陥り、極めて深刻な原子力事故は、いまだ収束のめどもたちません。

 世界の災害史上でも前例のない複合的で広域的な大災害は、5年たっても、さまざまな形で被災者と被災地に大きな苦難をもたらしています。むしろ時がたつにつれ、避難生活の長期化などによって新たな問題が次々噴出しています。

 17万人以上がいまも自宅を確保できず、不自由な避難生活を強いられている状況は、あまりにも異常です。遅れていた災害公営住宅の建設と入居もようやくすすんできましたが、家賃負担などがネックとなり、入りたくても入居できない被災者が生まれています。

 一部自治体で仮設住宅閉鎖の動きも出るなか、再び行き場を失う被災者が出かねない状態です。低所得者への家賃補助などを検討している自治体もありますが、財源確保に頭を悩ませています。被災者の住まいを保障するため国は財政など、積極的支援をすべきです。

 災害公営住宅に入居した人の人的つながりが薄れたり、仮設住宅に残された人が話し相手をなくしたりして、孤立を深め「孤独死」にいたる状況ほど、悲惨で痛ましいことはありません。大災害のなかで九死に一生を得た人たちが、復興のなかで必要な支援を受けることもなく命を落とすなどというのは、まさしく「人災」です。高齢者だけでなく、困難を抱える働き盛りの人たちの心身のケアを抜本的に強めることが急務です。

 被災者が疲弊して体調を崩す人が多いなか、医療費負担の重さは大問題です。生業(なりわい)の回復が遅れ収入もままならない被災者に、必要な医療を保障するためには医療費負担の軽減措置が不可欠です。

 国は医療・介護体制の整備とともに、負担減免措置の復活を検討すべきです。

支援必要な人がいる限り

 安倍政権は今年度で「集中復興期間」を終え、新年度から「復興創生期間」にするとしていますが、被災地支援を縮小させる「区切り」にしてはなりません。支援を必要としている人がいる限り、支援を充実させることはあっても手を緩めることがあってはなりません。

 被災地の暮らしと経済をさらに苦境に追い込む来年4月からの消費税増税や、被災地の農業・水産業を直撃する環太平洋連携協定(TPP)を推し進めることなど絶対に許されません。被災者が明日への希望の持てる政治への転換がいよいよ必要となっています。

赤旗日刊紙3月11日より

 

今日から予算特別委員会・・・

今日から、来年度の予算特別委員会が開かれています。

党からは、田中議員とみとみ議員が審査に入っています。14日、15日、16日、18日です。

ぜひ傍聴にお越し下さいね。

地域で日曜版を配布していたら

DSCN5552

増えている・・・資材置き場?それとも不法投棄?

DSCN5553

梅の花が満開・・(^.^)/~~~

今日は真冬戻り寒かったです。

夜は、党の会議へ・・・

Page 200 of 296« First...102030...198199200201202...210220230...Last »