再稼働・・許せない!

川内原発再稼働の強行!福島原発事故も収束されていない中での再稼働・・・許せない!!

世論無視、安倍政権の責任重大

九州電力が11日に鹿児島県薩摩川内市にある川内原発1号機の起動を強行します。臨界に達したあと14日には発電を開始する予定です。九電は引き続き2号機についても再稼働を狙っています。原発の再稼働は、東京電力福島原発事故のあと全国の原発が相次いで運転を停止し、一昨年9月に最後の関西電力大飯原発が停止して以来初めてです。安倍晋三政権は再稼働を「事業者の判断」だといいますが、福島原発事故も収束しない中での再稼働は、政権の「判断」で推進したものです。国民の安全を置き去りにした原発始動は、安倍政権の責任が重大です。

国民は再稼働求めてない

 全国の原発が停止していたこの2年近く、政府や電力業界が宣伝した電力不足は起きませんでした。国民の圧倒的多数は、東電福島原発事故がいまだ収束していないことに心を痛め、安全が保証できない原発の再稼働に反対しています。現在の原発では事故を完全に防ぐことができず、いったん放射性物質が外部に漏れだすような事故が起きれば、広範囲に被害が拡散し、その影響は長期間にわたることが明らかになったからです。

 にもかかわらず、原子力規制委員会が東電福島原発事故後つくった新しい規制基準に「適合」すると判断した原発は再稼働を認めると、原発の運転を推進してきたのは安倍首相をはじめ政権側です。

 安倍政権が昨年4月に決めた「エネルギー基本計画」は、原子力は「重要なベースロード電源」だと明記し、原子力規制委が規制基準に「適合」すると認めた場合は「再稼働を推進する」と明記しました。今年6月に決めた「長期エネルギー需給見通し」では2030年度時点の原子力の比率を22~20%としました。再稼働を推進した政権の責任は明らかです。

 原子力規制委の田中俊一委員長は審査に「適合」しても安全が保証されるわけではないと繰り返し、川内原発の地元でも運転再開への不安と批判が渦巻いていました。それに対し昨年、「政治とカネ」の問題で辞任する直前の小渕優子前経済産業相が鹿児島県知事や薩摩川内市長に文書で再稼働を要請し、後任の宮沢洋一経産相も現地を訪れて、「万一事故が起きた場合は国が責任を持って対処する」からと抵抗が広がるのを抑え込んだのです。政権側の責任は極めて重いというほかありません。

 実際にはその言葉とは裏腹に、安倍政権は住民に対して責任を果たしていません。日本共産党の笠井亮議員が7日の衆院予算委で追及したように、周辺自治体などが求めた説明会さえ宮沢経産相は「九電が個々に説明している」と開催に応じず、まさに九電任せです。最近も菅義偉官房長官が「再稼働は九電の判断」と言い放ちました。再稼働を推進しながら責任は取ろうとしない政権の姿勢がいよいよ問われることになります。

運転開始しても問題山積

 川内原発は再稼働しても、規制委の審査で不十分さが浮き彫りになった火山噴火への対策や、地元自治体に丸投げした事故のさいの避難計画など、問題は山積しています。1号機の再稼働をこのまま進め、2号機や全国の原発にも再稼働を広げていくなどというのは絶対に許されません。原発再稼働の推進ではなく、一日も早く全国で「原発ゼロ」を実現すべきです。

8月11日「しんぶん赤旗」の主張より

 

中山荘園の方から

IMG_3340

道路の調査をしなくては・・・

緊急宣伝・・!

18時から19時まで宝塚駅にて「戦争法案」廃案・・の訴えをを党派を超えて有志議員をはじめ地域の方14名で・・・宣伝をしました。

IMG_3326

IMG_3331

IMG_3337

井上議員、北野議員、たぶち議員も参加しました。

毎週、月曜日、水曜日午後6時~7時まで宣伝をしています。ぜひ、参加を・・・

廃案するまで頑張ります!!

 

何これ?

昨夜は、午前様・・・7月に同窓会をし、その写真整理等打ち合わせを行った後、カラオケへ・・・で午前様でした(^^♪いっぱい歌いました。同級生は楽しいなあ~・・・・

また昨日は、田んぼに・・・何これ

IMG_3320

IMG_3315

ドローン??イヤイヤ・・・小型ヘリコポターです。害虫退治

今日は(9日)党の会議にため猪名川町へ、

午後は、御殿山へ会議出席です。

今日も暑い!長崎に11時2分、原爆が投下され・・70年。「戦争は絶対アカン」

「戦争法案」廃案まで頑張ります。

 

産廃?

早朝より、ねりき恵子県議と共に「資材置き場?それとも産廃?」と思われる2ヶ所視察。

西谷地域では、一時「産廃」が多く議会でも取り上げてきました。行政、地元等と力を合わせて産廃阻止!のため取り組んできました。

自然を破壊する産廃は許されません。早期の取り組みが必要です。私も力を尽くしていきます。

IMG_3289

午後からは、久しぶりの阪北議員団総会が開かれました。新庁舎の三田へ、

IMG_3308

7月に市議会補欠選挙があり、見事当選されました国永紀子議員(左から2人目)

4名の議員団誕生です。来年10月に市議会議員選挙が行われます。

中田、国永、長谷川、長尾各議員です。

久しぶり・・・(^^♪

お元気ですか~~久しぶりで~す。元気ですよう~~(^.^)/~~~

暑い日が続いていますね。少しだけ一雨が欲しいなあ~、けど、昨年みたいに集中豪雨や台風はゴメンです。

今日は、原爆が広島に投下された日。8時15分・・黙祷

広島・長崎被爆70年

被爆者の悲願に政府は応えよ

 アジア・太平洋戦争末期の1945年8月、アメリカ軍が広島(6日)と長崎(9日)に投下した原子爆弾によって、二つの都市は一瞬にして壊滅し、無数の市民が犠牲となりました。史上初めて人類に使われた核兵器は、その年のうちに広島で約14万人、長崎で約7万4000人もの命を奪いました。生き残った人は心身ともに深く傷つき、苦難の人生を強いられてきました。被爆から70年、「二度と核兵器を使わせてはならない」と訴え続ける被爆者の悲願に、政府は真剣に向き合うべきです。

国際政治動かす被爆証言

 原爆が広島と長崎にどんな惨状をもたらしたか。被爆者の言葉ほど核兵器の非人道性と残虐性を伝えるものはありません。

 「首が飛び、腕が飛び、内臓が飛び出した遺体が転がっていた。電車のつり革につかまったまま亡くなっている人もいた」「川には焼けただれ水膨れの死体が一面に浮かび『地獄絵』とはこのことか」

 今年4~5月にニューヨークで開かれた核不拡散条約(NPT)再検討会議に向け、まとめられた被爆者証言の一部です。同会議では、被爆者が各国政府代表らに被爆の実相を語り、「核兵器廃絶はもう待てない」と心から訴えました。

 国連の潘基文(パンギムン)事務総長が「彼らは、核兵器の恐るべき人道的影響と、核兵器廃絶の緊急の必要性を思い起こさせる生きた証拠としていまこちらにきている」「彼らの警告に耳を傾け、結果を出すように求める」(NPT再検討会議へのメッセージ)とのべたことは、被爆者の声が国際政治を動かしていることを示しています。被爆者の体験と思いを受け継ぎ広げることが、被爆70年を「核兵器のない世界」への転機にしていくうえで、大きな力となることは明らかです。

 いま被爆者が胸張り裂ける思いでいるのは、憲法9条を破壊し日本を「戦争する国」にするため、安倍晋三政権が戦争法案を強行しようとしていることです。9条には、アジア諸国に大きな犠牲を生んだ侵略戦争への痛苦の反省とともに、広島・長崎の悲惨な被爆経験が刻まれています。憲法制定当時、政府自身こう説明しています。

 「原子爆弾の出現は、戦争の可能性を拡大するか、又は逆に戦争の原因を終息せしめるかの重大段階に到達したのであるが、識者は、まず文明が戦争を抹殺しなければ、やがて戦争が文明を抹殺するであろうと真剣に憂えているのである。ここに於(おい)て本章(戦争の放棄)の有する重大な積極的意義を知るのである」(46年内閣発行『新憲法の解説』)。戦争が文明破壊と人類死滅に行き着くことへの警告です。

 「人類死滅」の危機を、身をもって知る被爆者だからこそ「戦争反対」「9条守れ」の訴えは切実です。「ノーモア・ヒバクシャ」「ノーモア・ウオー」の声を重ね、戦争法案阻止の世論をさらに発展させようではありませんか。

時間はもう残されてない

 被爆者の平均年齢が80歳を超えるなか、原爆症認定制度をはじめとする被爆者施策の抜本的改善、原爆被害への国家補償は緊急課題です。国が始めた侵略戦争によってもたらされた原爆被害を、国家補償の見地で解決するかどうかは、戦後70年の今年、日本政府が過去の戦争にどう向き合うかということと一体で問われる問題です。もう残された時間はありません。

赤旗日刊紙の「主張」の記事です。

二度と悲惨な戦争を起こさないためにも「戦争法案」絶対反対!廃案を求めて頑張ります!!

IMG_3268

市政通信号夏季号が出来ました。

ぜひ、お読みくださいね。ご意見などもお聞かせくださいね。

 

掃除

毎年8月の第一土曜日は、お墓掃除です。「福知山線敷設工事、殉職者の碑」

旧青年団時に建て毎年掃除を行っています。

IMG_2858

 IMG_2862

Page 204 of 264« First...102030...202203204205206...210220230...Last »