堀内照文衆議員院来庁!

今日は、よう~冷え込んだあ~家の温度計はー5度・・!早い目に自宅出発7時・・あっ!!雪ちらほら嫌だな(;´∀`)

IMG_0455

大池の温度は・・・冷えていました。サム

兵庫県で10年ぶりに議席獲得した、堀内照文衆議員院が市長に挨拶に来ました。本当に良かった!!嬉しい(^^♪

IMG_0464

短時間だったけど、和やかに懇談を行いました。市長さんお忙しい中ありがとうございました。

IMG_0458

おめでとうございます。次は来年の一斉地方選挙がんばります。硬い握手!!

夜は、ミニ同窓会の忘年会をしました。やっぱり同級生は良いね(^^♪楽しかった!!

 

 

 

 

 

何か変・・・

今日は、売布駅にて朝宣伝しょうと・・・5時20分起き、準備を着々と進めさあ~と外を出れば雨が・・・ああ~(*´▽`*)☂残念

会派代表者会と60周年記念誌の編集委員会と会議がありました。

アレレレ・・・何か変・・・疲れが出てきたのかな少し不調(;´∀`)早く休みます。オヤスミm(__)m

21議席・・大躍進\(◎o◎)/!

昨日は、選挙速報見ていて興奮して・・ブログ忘れていた<m(__)m>10年ぶりの兵庫の議席嬉しい最高!吉岡けんじさん本当にお疲れさまでした。

今日は、ねりき恵子県議と阪急山本駅にて朝の宣伝を行いました。「良かったね」と声を掛けられました。嬉しいかった(^.^)/~~~さあ~これからは来年の一斉地方選挙です。この勢いで頑張らなくては・・・

「おめでとう」「さすがやね」「良かったね」「期待しているよ」などなど・・・メールや電話を頂きました。ありがとうございました。m(__)m

IMG_0448

IMG_0452

明日は、売布駅にて宣伝の予定です。

最後の訴えm(__)m

今日は、宝塚駅にて朝の宣伝を行いました。音の宣伝は最後の日です。吉岡けんじ候補者車は宝塚から出発!!

IMG_0438

元気いっぱい!!ねりき恵子県議と田中議員も一緒に宣伝しました。

下佐曽利のお楽しみ会です。宣伝の後は、公民館へ行き、豚汁やおにぎりピザ・・・など準備し、手品の披露の後は、みんなで楽しく食事をしビンゴ大会(^.^)/~~~一足早くクリスマス会でケーキも頂きました。

IMG_0439IMG_0440

IMG_0442

後かたずけをし・・・後は、最後の追い込み「日本共産党、吉岡けんじ」への支持の訴えを・・・☎頑張りましたよう(>_<)

 

一般質問4日間終わった(;´∀`)

今日は、阪急中山駅にて朝の宣伝を行いました。今日もダメをおじさんが来ました。「消費税10%増税は」「ダメよ~ダメ、ダメ」「集団的自衛権」「ダメよ~ダメ、ダメ」・・・学生も甘い声で「ダメよ~ダメ、ダメ」言っていました。

IMG_0430

今日で一般質問終わりました。17日は、会派代表者会があります。最終本会議は18日です。編集会議かあるなあ・・・本会議が終わってもまだまだ会議がいっぱいあります・・・\(◎o◎)/!

「日本共産党」「吉岡けんじ」と電話かけを行いました。「14日やね行くよ」「頑張ってね」・・・

夜は地域の日曜版を配って・・・寒かったなあ(>_<)今夜はよく冷えたわ・・・疲れました。けどあと2日頑張らなくては・・・

IMG_0433IMG_0435

久しぶりに陽菜ちゃんと実和ちゃんです。子どもと居ればホッとするわ(^.^)/~~~可愛いでしょう!!元気が出ます。

一般質問しました。

今日は、一般質問準備のため早く職場へ・・

日本共産党のたぶち静子です。12月議会一般質問を行います。よろしくお願いいたします。

まず最初に、西谷地域の生活環境整備と活性化についてお伺いします。

1、    合併処理浄化槽についてです。西谷地域では、公共下水道の導入は、昨年の12月議会の中では、「困難である」今後も合併処理浄化槽で汚水処理を行うとのことでした。私は、これまで何度も何度も、南北格差是正のために補助金等訴えて来ました。南北格差をなくすために補助金についての見解を求めます。

2点目は、公共交通についてです、7月に阪急田園バスのダイヤ改正により、利用者とその家族は突然の対応に大きな混乱が生じ、何とか対策を講じて欲しいと、話し合いを行ってきました。現在努力されていることとお聞きしていますがいかがでしょうか?また今後、利用者や利用したくてもバス停までが遠くて利用できない方も含め、地域のニーズにあった取り組みが必要だと考えますが、答弁を求めます。

 3点目は、空き家対策についてです。年々人口減少に伴い空き家も増えてきています。空き家が発生し、老朽化すると、倒壊の危険、治安の悪化、景観の悪化や不動産価値の低下など、周辺環境への多大な悪影響をもたらす場合もあります。また、老朽化していなくても空き家が増加することで地域の活力低下や行政運営の効率性の低下などの問題を引き起こす場合もあります。「西谷に空き家があれば住みたい」と言う問い合わせも西谷サービスセンターにあると聞いています。空き家対策について答弁を求めます。

 4点目は、防災行政無線整備(有線放送)についてです。有線放送を活用した防災対策について答弁を求めます。

5点目は、道路の整備についてです。

西谷地域の道路は、生活道路や通学路になっていますが、歩道のない個所が市道・県道ともに多く、住民にとっては安全な環境ではありません。また現在は、新名神高速道路建設工事の車両も、1日約100台の大型車の通行が増え道路事情は悪化してきています。さらに、平成28年度に(仮称)宝塚北スマートインター・チェンジがオープンすると交通量は、増々、増えてくることは確実です。現時点での実態を把握し、信号機の設置や歩道の設置、道路の拡幅など対策について答弁を求めます。

①  切畑交差点の信号機の設置について

②  上佐曽利会館前交差点の信号機の設置

③  2176号線(切畑新田)道路の改善

④  通学路の歩道の設置やグリーンベルト

⑤  市道1502号線、拡幅、スピード抑制施策(通学路)

⑥  市道1508号線(農免道路)の整備について、境野下り入口から大池の今後の拡幅計画について、現在拡幅工事中の玉瀬側入り口について

⑦  動物注意の看板の設置

・・・です。

2点目は、いのちと暮らしを守るためについてお伺いします。

1、宝塚市立病院についてです。

ア、    無料・低額診療医療についてです。

無料・低額診療事業とは、お金に困っている人が不安なく診療にかかれるようにと、国が定めた制度です。通常の3割自己負担が、無料ないし低額で診療が受けられるものです。厚労省は、低所得者、ホームレス、DV被害者などの生活困窮者が対象と説明をしています。この事業は都道府県や政令市などに実施を届け出た医療機関が、患者の医療費の1割以上を負担します。患者数に占められる低所得者の割合が1割以上になると、医療機関は固定資産税の減免を受けられるものとなっています。

 社会福祉法に基づき、昭和26年に始まった制度ですが、失業率の悪化、昨今の貧困問題で実施する医療機関がふえています。厚生労働省によりますと、2012年度に無料・低額診療を受けた人は、述べ約706万人、2009年度より述べ約90万人増えています。また無料・低額診療をする医療機関も339施設から558施設に増加しています。
 無料・低額診療の実施は、各医療機関の判断によるもので、市の指導で行うものではありませんが、市内に生活困窮者が医療費の心配をせずに安心して入院、治療ができる医療機関があるということは、市民にとっても市にとっても大変意義のあるものだと思います。市が積極的に、医師会を初め、医療機関へ無料低額診療事業の情報提供を行い、病院への働きかけを求めたいと思います。本市の見解を求めます。

次に、産婦人科再開についてです。

宝塚市立病院では2008年に医師不足のため産婦人科を休止しました。その後再開に向けて様々な努力をされてきました。その結果、伊丹市立病院との連携をはかり、伊丹市立病院では来年中に分娩受入れを再開し、宝塚市立病院では婦人科外来を充実させ、新たに高リスク出産の可能性がある妊婦の外来を受け付けるなど取り組んで来られました、その経緯について答弁を求めます。

次に、災害・防災対策についてお伺いします。

1、福井県高浜町の住民約7000人受入れ体制についてです、
 関西広域連合は、福井県に15基ある原子力施設で災害が起き、30キロ圏内の住民が避難する場合、兵庫、大阪、徳島の3府県で約25万人の受け入れを決め、避難ガイドラインを作成しました。公民館など計600カ所に最長2ヶ月間避難し、長期化すれば民間住宅を借り上げる。今後避難時の放射能拡散や避難路渋滞への対策などを詰め、関係自治体が地域防災計画に盛り込むとしています。
 本市での体制や対応計画はどのようにされているのか答弁を求めます。 
次に、ハザードマップについてです、

8月の台風や集中豪雨などで市民の方と対話した中で、ハザードマップ活用の実態は、「自宅にあるが、見ることはない」「見たこともないしあることも知らない」などほとんど活用されていません。ハザードマップの作成の意義は、住民避難への利用が主な目的とされています。浸水害や土砂災害などの危険から安全な避難行動に役立てることは重要ですが、こうした基礎資料は、まれに発生する災害時対応だけでなく、地図情報のもつ有用性を、とくに行政は日常的に活用すべきです。また、それによって、ハザードマップへの信頼と住民への普及が促進されるという観点が必要です。たとえば、重要な行政機能施設や市民が日常的に利用する公共施設の立地にさいしては、安全上の評価資料とする、将来の都市づくりや地域づくり計画にハザードマップを基本資料として活用することなどは、行政みずから率先しておこなうべきことです。しかし、これまでは、こうした活用がほとんどされてきませんでした。行政みずからハザードマップを軽視してきたのではないでしょうか。また、住民参加によるコミュニティ版ハザードマップの作成についても、重要性を確認しもっと広く取り組んで行く必要性があるのではないでしょうか。答弁を求めます。

 

3点目は、教育についてお伺いします。

1、    教育委員会制度についてです。

戦後の日本社会のあり方は、日本国憲法とともに教育基本法が一体のものとして土台に据えられました。憲法施行に先んじて施行された教育基本法は、前文で「われらは、さきに、日本国憲法を確定し、民主的で文化的な国家を建設して、世界の平和と人類の福祉に貢献しようとする決意を示した。この理想の実現は、根本において教育の力にまつべきものである。・・・(中略)日本国憲法の精神に則り、教育の目的を明示して、新しい日本の教育の基本を確立するため、この法律を制定する。」と謳いました。
 私は、憲法が掲げる理想の実現は教育に懸かっている。憲法が壊されつつある政治状況に直面しているだけに、学校教育でも社会教育でも柱とすべき基本がこの精神にあると強く感じます。
 先の国会で、政治が教育を支配することを可能にする教育委員会法の改悪が行われました。政治的中立性が脅かされることへの危惧が教育関係者などから強くあがっています。今回の動きのきっかけになったのは、大津での痛ましいいじめ事件です。しかし、大津での問題は、教育委員会事務局が教育委員に情報をきちんと知らせなかったところにあります。戦後の民主化の一環として公選制の教育委員会制度が作られました。アメリカの日本に対する民主化政策が180度転換する時期と軌を一にして、憲法をふまえない政治の反動化が進みました。教育委員は任命制になったとはいえ、住民に根拠をおくことから議会同意が必要とされています。今回の改悪は、教育委員会が首長から独立して教育行政を進める制度を覆し、文部科学省や首長の教育への政治介入に道を開くものです。自治体の教育政策の「大綱」を定める権限を首長に与え、教育委員会は「大綱」に則して教育行政を行わなければならない仕組みにします。「大綱」は国の方針を参考につくることになっています。
 今回の安倍政権の改悪のねらいは、侵略戦争を美化する歴史教科書を採択させるなどの戦前に重なる「愛国心」教育を全国の学校に押しつけること、また、全国学力テストの学校別の結果公表をできるようにするなど、異常な競争教育をさらに拡大することにあります。父母・国民の願いは、かけがえのない命を「御国のために捧げる」ことや「人を蹴落として、自分だけが良ければ」というものではありません。「人格の完成」のために教育条件の整備に力を尽くすことが教育行政の本来の任務と考えます。
 教育委員会と教育行政のあり方について、教育長と市長の所見を伺います。また昨年 8 月、中央教育審議会に報告された、全国の計1120市町村の首長と教育長を対象にした、教育委員会のあり方に関するアンケート調査に、その結果、85%の教育長が「現行の教育委員会制度を廃止」する方向に「反対」と答えたと、報じられました。市教委は、このアンケートにはどのように回答したのか、お答えください。

以上で1回目の質問を終わります。

IMG_0395

IMG_0412

2質は、一問一答です。70分間申告しましたが、やっぱり時間が足りませんでした。終わってとにかくホット(^◇^)傍聴に来ていただきましてあ、りがとうございました。

夕方からは、携帯から電話かけを行いました。「選挙に行くよ」「職場のみんなにも声かけているからね。頑張って下さいね」嬉しいね・・明日からも頑張ろう!!

 

Page 260 of 286« First...102030...258259260261262...270280...Last »